そんな装備で大丈夫か?

 

こんにちは。アラサー喪女だったけどコーチングを学んであれよあれよで婚約者ができた森かすがです。

 

 私は過去2回ほど、仕事で疲れ切った体を引きずって「街コン」とういものに行ったことがありました。

 

街全体で催される500人対500人とかの大規模コンパですね。このときはまだ20代前半。「婚活」というほど急いではいないけれど、このまま職場と家を往復しているだけでは出会いなんか訪れないことをうすうす感じていたんですね。

 

「もしかしたらここで気が合う人と出会って今度こそ彼氏ができるかもしれない・・・!」

 そんなうすぼんやりした淡い期待を胸に、仕事で疲れた体を引きずって参加しました。

 

しかしその内容はTHE★不発。

大丈夫じゃない、大問題だ

 

ひたすらしゃべった割になんの収穫も得られず。最終的には行き場がなくなってバーテンダーのお兄さんに

 

「べネディクティン(←それっぽいリキュール名を出して通を装う)でなんか作ってください(←「おまかせする」という行動で通を装う)とカウンターに逃げる始末。

 

ああああああぁぁあああぁあ辛い思い出…ッ!!

 

その後「街コンって、あんまり真面目な出会いは望めないもんだよね」とかなんとか言い訳しつつ終わりました。でも、きっとこのときの私ならば、普通の婚活に行っても出会いは見込めなかったと思います。

 

だって、元の装備が絶望的に悪いんです。ざっくり言うと「コミュニケーション力が低」かったんですね。

 

そもそも、コミュニケ―ションというものを根底からカン違いしている時代でした。

(【参考記事】⇒アラサー喪女から脱したい人は必見!これからのコミュニケーションの話をしよう。

 

そら、スペックがある人なら大丈夫かもしれませんよ。でも私は、まったく赤の他人にいきなり好感をもってもらえるような美女でもなければ、超絶スタイルを持ち合わせているわけでもありません。

 

勤め先は「葬儀会社員」。お線香のかほり。

 

そんな私が、あのまま「内面的な部分を出す」唯一の術「コミュニケーション」力を全く磨かずに婚活に挑んでいたら。

今の恋人くらい「ベターハーフ」と呼んではばからない存在に出会えなかったと思います。

 

よしんば出会えても、3倍くらい時間がかかったと思います。いいですか、3倍ってことはお金も三倍ですよ。労力も3倍です。

 

だったら、ちゃっちゃと「装備」たる「コミュニケーション力」を整えてから挑んだ方がゼッタイいいんですって。

 

ということで、婚活に行く前に絶対装備しておいてほしいスキル。それは「コミュニケーション力」です。

 

今回は、「人間やめたい」が口癖の人としてアレな私でも、ベターハーフとも呼べる理想のパートナーに出会うキッカケを作り出してくれた「コーチング」の、コミュニケションの部分のエッセンスを濃縮したメール講座を作りました。

↓↓↓

【無料プレゼント彼氏いない歴25年=年齢だった私が、始めて2ヵ月で理想の人と出会ったコミュニケーション術教えます

【第1回】知っとくだけ知っとこう!人間の幸せは「なにで」決まるの?

【第2回】相手の「幸せ感」を上げるコミュニケーションができれば、おのずとモテる!?

【第3回】「気持ちよく話してもらうコツ」は●●にアリ!?

【第4回】高すぎはNG!テンションは「相手より“ちょっと”いい状態」がベスト

【第5回】意外と自分ではわからない「ちょうどいい相づちの量」

【第6回】話すとき○○を見ちゃいけない!?

【第7回】NO MORE会話泥棒!その1:心がまえ

【第8回】NO MORE会話泥棒!その2:わかった気になることはもったいない!

【第9回】「相手のお悩み相談」にのるときに効く魔法の質問。

【第10回】盲点!好意を伝えるのにほめてはいけない!?

【最終回】コミュニケーションの質が変わると、人生が変わる

これを読んで実行すると、「モテたい人からモテる可能性」がぐんと上がります。なぜかというと。

●自分に自信が出る

●人づきあいがラクになるから出会いが増える

●人のイイところを見つけるのがうまくなるので、人からの好感が高まる

ということが起こりうるからです。どうですか、フツウにロジカルだろう(笑)

 

みなさん。今日が、人生で一番若い日です。ゆっくりでいいから確実に人生を変えたい方はぜひご購読ください。

質の高いコミュニケーションを身につけて人生を変えませんか?

▼▼▼▼▼

彼氏いない歴25年=年齢コミュニケーション術

【無料テキスト】彼氏いない歴25年=年齢だった私が、始めて2ヵ月で理想の人と出会ったコミュニケーション術教えます

 

これであなたも

大丈夫だ、問題ない

。・。*このブログを書いたひと*。・。

kasugazigazousirofuku

【森かすが】

もっと詳しく知りたい方はコチラ→森かすが自己紹介ストーリー

 
かならずお返事差し上げます! *感想を伝えたい!質問がある!予約をしたい!という方はコチラから
 *どれにも当てはまらないけど面白かった!という方はシェア!