atama

こんにちは、森かすがです。

ロハスでオーガニックなイメージの私(をい)ですが、

最近流行りの湯シャンにはまっている、とかいうと実は全然そんなことありません。

 

正確には「湯シャンオンリー生活はしておらず、湯シャン→せっけん→マル秘シャンプー」のローテーションで頭皮の環境を守っている、という感じです。

 

この「マル秘シャンプー」は、超敏感肌のシャンプージプシーだった私が学生の時に出会ってもう10年以上は使っている、

ものすごくオススメのシャンプーです。

今日はそれについて暑苦しく語りたいと思いますのでご覚悟アレ。

■ 皮膚科の先生のススメで、市販のシャンプーは使わなくなった小学生の冬

 

森かすがは生まれながらのアトピーです。

母もアトピーです。

 

母は、私が小5のときに脱ステロイドの副作用でお化けのようになってしまいました。

とてもひどい状態だったので、母は脱ステロイド専門の先生の病院に通い始めました。

 

とても初歩的なこととして、

先生からは「市販のボディソープ」「市販のシャンプー」などについて使用を控えるようにアドバイスされました。

 

ですので、幼いワタクシも、自然とお風呂では石けんしか使わなくなりました。

しかし、テレビから流れるキラキラしたシャンプーのCM魅力は、思春期のワタクシにとってはとても魅力的。

 

石けんでシャンプーしていると、

きしみもひどい(このときは石鹸シャンプー用リンスの使い方を間違えてただけなんですけどね;)し石けんかすがどえらいことになるのもあって

sekkennkasu

(↑こんな感じになるんですよ。汚いモノではないんですけどね。)

いつしか私は、「頭だけなら」と思い大手メーカーの有名シャンプーを使うようになっていくのでした

 

■ やがてでき始める湿疹

 

しかし、ここで問題が起き始めます。

 

どんなシャンプーも、使っていると頭に湿疹ができ始めるのです。

 

湿疹ができてはシャンプーを変え、

またしばらくすると湿疹ができてまた変える、そんな生活を続けていました。

そのうちに「ああ、やっぱり普通に売られとるシャンプーってようないんやなぁ」…。

そんなことを確信するのです。

 

けれど、思春期の私はやはりキラキラしたシャンプーの魅力にあらがえず、

「まぁ、変えていけばええんやろ」と引き続き大手企業のシャンプーをアレコレ使用していました。

 

そんな折、私のカラダにさらなる変化が起き始めます。

 

アタマにできた湿疹が治らなくなったのです。

最初は小さなカサブタでした。

なので、「シャンプー変えたらまた治るだろう」と軽く受け止め、大手メーカーのを使いつづけたのです。

 

 

そうこうしているうちに私の頭皮のカサブタはみるみる巨大化していき、いつもかゆくてたまらなくなりました。

掻き壊していくうちにかなり深部の細胞まで傷ついてしまった私の頭皮からは、

次第に血だけではなく浸出液がべったり出るようになり、

とにかくかゆくてとにかく気持ち悪い状態が続くようになりました。

 

にっちもさっちも行かなくなった私は、洗髪を石けんのみに切り替えます。

そして、きしみ問題を解決すべく、髪の毛を短くしました。

しかし、この行動は裏目に出てしまいます。

 

今まで一か所で巨大化していたカサブタが、

掻きやすくなったことで今度は分散して勢力を増し始め、アタマ全体に蔓延しはじめたのです。

 

石けんに変えたにもかかわらず、一度暴走してしまった湿疹は、「低刺激」というウリだけではもはやどうにもならないようでした。

 

友人には「フケおちとうよ」と言われ、「ふ、フケとちゃうんよ、カサブタなんよ…」と言い訳する日々…。

思春期の乙女には耐えがたい仕打ちです。

 

次なる手段として「フケ・かゆみに効く」という文句を謳った殺菌系のシャンプーも使ってみたものの、

これもまったく収まる気配を見せませんでした。

 

トータル3ヶ月~半年くらい悩んだのではないでしょうか。

もう発狂する、治らないのではないか、そんな不安を覚え始めたころ、

 

母がチャ●リー(徳島で展開するドラッグストア。ちょっとオサレでニッチな商品をいっぱい取り扱ってる)でこんなシャンプーを買ってきてくれました。

 

■ 石澤研究所「植物生まれの地肌シャンプー」との出会い。

母が買ってきてくれたのは、

「植物生まれの地肌シャンプー」

石澤研究所 植物生まれの地肌シャンプー(250mL)【植物生まれ】[オレンジシャンプー はっか油 ハッカ油 シャンプー]

価格:1,404円
(2015/11/12 17:16時点)
感想(356件)

このシャンプーでした。

 

なっが!!!名前なっが!!!

 

それが、私が抱いたこのシャンプーの最初の印象です。

このときはまだ「辛そうで辛くないでもちょっと辛いラー油」などという商品は存在していませんでしたので、

この名前だけでもとても長く感じました。

 

しかし、完全なるシャンプーインフレで消耗しきっていた私は、

「あーはいはい、こだわりのシャンプーってわけね。もう期待なんてしないわよ、また裏切られるのがオチなんだから…」

そんな気持ちで使い始めたのでした。

 

パッケージには

「オレンジオイルが頭皮のイヤな匂いを吸着して、きめ細かい泡立ちで皮脂や雑菌(かゆみのもと)をしっかり洗い上げます。」

「頭皮に残りにくい、地肌想いの石けんベース。髪と同じ弱酸性だから、悩みのきしみやからまりがありません。」

との記述。

はぁ、まぁ、パッケージに悪いことは書いてませんからね。と、疑心暗鬼。

 

中身はオレンジ色の半透明の液体で、自然派シャンプーというよりは、ケミカルなイメージ。

 

「こんなんでほんまに石けんベースなんかな?いけるんかな…?」

そんなことを心配しながらおそるおそる地肌につけてみた私は、「お?」と思います。

 

オレンジのほのかなかおり、

キレのいい泡立ち。

さわやかなハッカがもたらす爽快感。

 

洗いあがりはさっぱり。石けんシャンプー独特のキシキシ感もなく、

「これは、石けんが与える安心感と、石けんでは満たすことができない乙女心も満たすことができるシャンプーなのではないか…!?」

私のココロにほのかな希望が灯ります。

 

希望を抱いた私は、毎日この石澤研究所の地肌シャンプーで頭を洗い始めます。それからの私の頭皮の回復ぶりたるや、まさしく「みるみるうちに」という感じ。かゆみに悩まされることが少なくなり、掻くことが減ったおかげで頭のカサブタたちは消えていきました。

 

 

それ以来、私はもっぱらこのオレンジシャンプー一筋。

 

ふつうのシャンプーに比べるとお高いのですが、

あの苦しみを思えばお安い投資です。

 

■ 快適生活とひきかえに失ったもの

 

そんなこんなで私の頭皮の快適さはこのシャンプーによって守られることとなりました。

頭皮にとっては大変よかったのですが、みんなと横並びになって空気を読むことが美徳とされる日本人女子高生ライフを守るうえではいいことばかりではありません。

同級生たちの「シャンプー変えたんよ~」「ああ、あれ?いいよな~」という一般的な会話にはついていけなくなりますし、

ある日の社会科の授業で

shampoo1

(中身、ですね。誤字です;)

shampoo2

shampoo3

shampoo4

こんな空気にしてしまったことも。

 

こうなってくると、少し前に一世を風靡した「ノンシリコン」ブームも、

今まで黙るしかなかったストレスが一気に吹き出て

「市販のシャンプーがどうのこうのって今更ナニ言ってんの?やっと時代が私においついてきたか」

くらいに考えないと気がすみません。

 

(もちろんこのシャンプーは、ノンシリコンブームのはるか昔からノンシリコンでございましてよ)

 

 

ノンシリコンが流行る前は一時チャー●―からすら消えた時代があったのですが、

「ぐおらああああああ!!!!!大手企業のどーでもいいシャンプーが席巻して、こんなええ仕事する会社の製品が消えるだと!?どうなってんねや!!日本はどうなってんねや!!!っていうかどうするん!?まじで死ぬよ!?このシャンプーなかったら私の頭皮また死ぬよ!?」

という私の怨念が通じたのか、今ではちょいちょい他のドラッグストアでも見かけるようになりました。

(ってか今は通販があるしね。便利だよねぇ…)

 

細かい成分とか見だすと物申したくなる方もいらっしゃるでしょうが、

そういうこともあって現在の私は

 

湯シャン→石けん→植物生まれの地肌シャンプー

 

のローテーションにてシャンプーライフをおくってございましてよ。

(湯シャンオンリーは、とてもしっとりするんですけど、3日もやるとかゆくなってしまうんですよ・・・)

 

■ むすびにかえて

 

ということで、めずらしく一つの商品をゴリ推ししてみました。

もしこれを読んでいる方の中で頭皮の湿疹にお悩みの方がいらっしゃいましたら、一度お試しあれ^^

 

■ オマケ

使い方のコツをご紹介します。

やっぱり石けんベースなせいか、ふつうのシャンプーよりは泡立たせ方にコツがあるんです。

 

まず、少量のシャンプーを手のひらで泡立ててから洗います。

一回目はアタマに油がついているので泡立がかなりわるいですが、気にせず洗い流します。

 

次に、さっきより少しだけ多めにシャンプーをとります。

手のひらで泡立てて、頭皮を洗います。

 

するとふしぎ!ものすごく泡立ちます。

つまりは二度あらい、です。

一度で洗おうとするより確実にシャンプーの消費量が少なくて済みます。

 

洗い上がりがきしまないので、リンスもいらないくらいなんですよね。。。

(こんなこと言っていいのかどうかわかりませんが;)

 

トリートメントはしてもいいと思うのですが、トリートメントもたまーにでいいですからね。

たっぷりサイズがオトクです↓

【在庫限り】植物生まれの地肌シャンプーN オレンジ たっぷりサイズ(780mL)【植物生まれ】【送料無料】

価格:3,132円
(2015/11/12 17:29時点)
感想(0件)

ヘッドスパもあるんですね。特別な日に使いたい逸品ですね。

植物生まれのオレンジ地肌ヘッドスパ(180mL)【植物生まれ】

価格:1,620円
(2015/11/12 17:31時点)
感想(0件)

。・。*このブログを書いたひと*。・。

kasugazigazousirofuku

【森かすが】1989年、徳島県の小さなお寺の末娘として生まれる。幼いころよりアトピー性皮膚炎に悩むことで、対処療法的なアプローチよりも「身体の素質を高めていく」ようなアプローチに興味を持ち、民間療法を中心とした・美容・健康マニアとして歩む。

サービス業を経験しつつ、「自分が今すべきことは何か?」を考える。自分のアトピーの体験や、適応障害の経験により、「カラダとココロの根幹ケア」の必要性を実感。リラクゼーションとコーチングが受けられるサロン【やどり木】を始動させる。その人のありのままによりそいつつ、こっそりパフォーマンスを上げていくアプローチが得意。人生の野望は「100人もの孫から『かすがばーちゃん』と呼ばれて仲良くしてもらう」こと。

もっと詳しく知りたい方はコチラ→森かすが自己紹介ストーリー

■リラクゼーションサロン【やどり木】とは?→HPはこちらから

10年来の腰痛も一回で解消してしまう「背骨の運動」キネスティックセラピー&心の背骨を洗い出すメンタルコーチングで、あなたのカラダとココロをメンテナンスいたします。整体でもなく、エステでもない。カウンセリングでもなく、自己啓発でもない新感覚トータルケアを提供いたします。ログハウスの木の香りに包まれながらリラックスしていただける、一日2名限定の完全予約制プライベートサロンです。

【お客さまの声】ボディセラピー コーチング

【住所】徳島県名西郡石井町石井→アクセス
【電話】080-6394-0840
【お問い合わせフォーム】→こちら

石井町のみならず、美馬市藍住町阿南市市内山城町市内川内町東京などにお住まいの方々からご愛顧いただいております。
かならずお返事差し上げます! *感想を伝えたい!質問がある!予約をしたい!という方はコチラから
*どれにも当てはまらないけど面白かった!という方はシェア!!

よろしければご意見・ご感想お寄せください

*ブログの更新情報などを流します!Facebookページをフォロー!

*ときおりつぶやいています。ブログの情報も定期的に流していますツイッターをフォロー!

*メールは読まないけどLINEは使ってる!という方はLINE@に登録!⇒vli0920yを検索!

あなたも、質の高いコミュニケーションを身につけて人生を変えませんか?→【無料】あなたもベター・ハーフと出会える。アラサーから始めるやわらかコミュニケーション講座
気に入った!役に立った!という方はシェアお願いします!!