森かすが自己紹介ストーリー

日記とクローバー

日記とクローバー

小4の時、私はある日の「くらしのあゆみ」(学校に提出する日記)にこんなことを書いた。

「わたしは、自分が世界に入れていないような気がします。

この世は、EさんやHさん(クラスの中心的存在だった子たち)のような明るくて元気な子を中心にまわっていて、

わたしみたいな人間は脇役なんだなって思います」

と。その時、先生の返事はそれを否定するものだったと思う。

そんな否定の言葉も、私には実感を与えることができず上辺をすべっただけだったのだろう。

覚えていない。

Continue reading

 ~森かすが自己紹介ストーリーまとめ~

(1)幼少~中学生時代。空虚な性格とアトピーとの関係
(2)大学生時代。はじめての『癒し』体験。
(3)卒業~就職。感情のコントロールがきかなくなる。
(4)キネスティックセラピーとの出会いと、価値感のブレ
(5)地獄のような日々。そして居眠り運転からの生還。
(6)変化への第一歩。わたしが大切にしたかった想いに気づく。

tegamipenandkami

 ここまでおつきあいくださり、本当にありがとうございます。

 

いかがでしたでしょうか?

 

誤解がないようにお伝えさせていただきますが、わたしはサプリメントや高価なおなべの販売を否定するわけではありません。

 

その方がとても良い商品を扱っていることは知っています。ただ、わたしの価値観とはズレがあったという話をお伝えするために、このような形で文章の中に書くこととなりました。

 

また、文章の中では私がプロテスタントのキリスト教信仰について触れている部分があり、のような形で発信するためにある程度の起承転結にまとめておりますが、

 

信仰とそれにおける賜物や恵みは個人によって大きな違いがあることが多く、これが「キリスト教信仰だ」というつもりはございませんことをご理解ください。

 

また、このようにしている間にも私の人生は続いており、私自身も成長したり時に立ち止まったらり悩んだり苦しんだりしておりますことをお心に留めてくだされば幸いです。

 

やどり木のコンセプトは「カラダとココロのトータルケア」であり、「自分の価値観に沿ったものを取り入れて頂きたい」という想いから、このようなタイプの無料動画講座&メール講座も発行しております。

 

 

 

パートナーと一緒に

彼氏いない歴25年=年齢コミュニケーション術

 

どうぞ心がかなうなら、興味のあるものに登録していただき、私を支えるおひとりとなっていただけませんでしょうか。

 

すべての人に、祝福がありますように。

 

~森かすが自己紹介ストーリー。前回まで~

(1)幼少~中学生時代。空虚な性格とアトピーとの関係

(2)大学生時代。はじめての『癒し』体験。

(3)卒業~就職。感情のコントロールがきかなくなる。

(4)キネスティックセラピーとの出会いと、されていやだったことの関係

(5)地獄のような日々。そして居眠り運転からの生還。

(6)変化への第一歩。わたしが大切にしたかった想いに気づく。

(7)自己紹介さいごに

【もういちど教会に。「まだ足りない」から解放された私】

oyakohandsitsukusimi

 

「もういちど教会にいきたいです。Tちゃんはいますか?」私は、Tちゃんにメールをしました。

Continue reading

~森かすがの自己紹介ストーリーシリーズ~

(1)幼少~中学生時代。空虚な性格とアトピーとの関係

(2)大学生時代。はじめての『癒し』体験。

(3)卒業~就職。感情のコントロールがきかなくなる。

(4)キネスティックセラピーとの出会いと、されていやだったことの関係

(5)地獄のような日々。そして居眠り運転からの生還。

(6)変化への第一歩。わたしが大切にしたかった想いに気づく。

(7)自己紹介さいごに

nayamuzyosei
聖書では「罪」という言葉がよく登場してきますが、これは原語に訳すと「むさぼり」「足ることを知らない欲求」という意味があるそうです。

 

このときの私はまさしく「むさぼりの化身」で、何をしても「まだ足りない」「まだ足りない」、そんな気持ちにかられていたのでした。 Continue reading

 ~森かすがの自己紹介ストーリーまとめ~

(1)幼少~中学生時代。空虚な性格とアトピーとの関係
(2)大学生時代。はじめての『癒し』体験。
(3)卒業~就職。感情のコントロールがきかなくなる。
(4)キネスティックセラピーとの出会いと、価値感のブレ
(5)地獄のような日々。そして居眠り運転からの生還。
(6)変化への第一歩。わたしが大切にしたかった想いに気づく。

【キネスティックセラピーへの誘い】

massagehands

薬を飲んでも、サプリを飲んでも、根本的に解決しない私の問題。カラダとココロ、両方をむしばむ「まだ足りない、まだ足りない」という思い。

 

そんな執着に取りつかれながらも、私にはまだ「仕事を辞める」という選択肢はありませんでした。「自分みたいな何の技術も持たない小娘が、せっかく雇ってくれたこの会社を辞めたらもう生きていけなくなる・・・」そんな風に考えていました。

 

とはいえ、そんな自分とは裏腹に、もう一人の自分が「本当にこの仕事を続けていていいの?」と問いかけていました。

 

そんな中、サプリメントを買っていたサロンの担当のKさんから「キネスティックセラピーを習わないか?」という誘いをうけます。 Continue reading

~森かすが自己紹介ストーリーまとめ~

(1)幼少~中学生時代。空虚な性格とアトピーとの関係

(2)大学生時代。はじめての『癒し』体験。

(3)卒業~就職。感情のコントロールがきかなくなる。

(4)キネスティックセラピーとの出会いと、価値感のブレ

(5)地獄のような日々。そして居眠り運転からの生還。

(6)変化への第一歩。わたしが大切にしたかった想いに気づく

(7)自己紹介さいごに

【おシゴト選択の動機】

「現状を肯定されると、生きるチカラは湧いてくる」・・・その体験は、私の人生観を180度変えるモノでした。聖書を読んでいって気づいたのですが、それはルカによる福音書で言及されている「善きサマリア人のたとえ」でいうところの「隣人愛を持って生きる」という部分で説明されていることのように感じました。

 

聖書の言う「隣人愛」を実践しながら生きたい。それだったら、仕事そのものは何でもいい。そう思っていました。そして、求人でピンときた「葬儀の仕事」を選んだのでした。

 

【仕事が忙しく、感情のコントロールが効かなくなる】

kusurisamazama

徳島に帰ってきて、私は友人Mの「お姉さんの知り合い」が通っている教会に行きはじめます。(ちなみに日本イエス・キリスト教団。)教会は実家から車で45分と少し遠めでしたが、どうにかなるだろうと楽天的に考えていました。

 

「お姉さんの知り合い」は、快活で優しい女性で、私はその人を「Tちゃん」と呼ぶようになります。教会は人間との関係を作りに行くのが目的ではないですが、クリスチャンとして未熟な私にとっては話せる人がいるということは大きかったです。

 

そうやって順調に始まったかと思えた徳島での社会人生活。しかしながら葬儀社の仕事は、想像以上にきびしいものでした。

 

体力仕事なうえに、式典のおごそかな雰囲気に、スタッフたちはいつもピリピリ。古くからいる先輩方が気難しい人も多く、そのプレッシャーはすさまじい。

 

休みは交代制でしたが、飛ぶこともめずらしくありません。わたしの心を、徐々に負の感情が支配するようになってきました。

 

それは最初、自分の感情のコントロールが効かなくなることから始まりました。

 

怒りっぽくなって、いつも家族に対して泣き叫んでいました。

だんだんと、モノをなくすようになりました。

ごくたまに、数字が認識できない、といった事態にみまわれました。

とにかく涙もろくなりました。

 

あまりにも変貌した私の様相にみかねた母に勧められ、私は心療内科に通いはじめます。

 

 

そこで処方されたのは、うつの薬としてかなりポピュラーな薬でした。ステロイドでのリバウンド経験もあり、薬はとにかく嫌でしたが、

 

「今の苦しみから逃れられるならなんでもする」

 

そんな思いで、服用をはじめました。

 

また、忙しさで食生活もみだれ、食欲を止めることができずむさぼり食べた結果、わたしのアトピーは今まで出なかったようなところに出るようになります。それでも私は味覚においしいもの(乳製品やジャンクフード、揚げ物など)を食べることがやめらえなくて、薬に加えてサプリメントも今まで以上に飲むようになりました。

 

とにかく自制がきかず、あらゆることを「貪る」ようになっていました。

 

(4)キネスティックセラピーとの出会いと、価値感のブレへつづく

 

 

~森かすが自己紹介ストーリーまとめ~
(1)幼少~中学生時代。空虚な性格とアトピーとの関係
(2)大学生時代。はじめての『癒し』体験。
(3)卒業~就職。感情のコントロールがきかなくなる。
(4)キネスティックセラピーとの出会いと、価値感のブレ
(5)地獄のような日々。そして居眠り運転からの生還。
(6)変化への第一歩。わたしが大切にしたかった想いに気づく。

 

制作ブース様子

時が流れて、私のアトピーの悪化は山場を越えました。が、依然私は「自分への不信感」を抱えたまま暮らしていました。

 

『劣った体と精神を持つ自分へのコンプレックス』が強まる中、私は大学進学することとなります。イロイロと理由はあったのですが、大阪の美術大学へ進学することを決めました。 Continue reading

~森かすが自己紹介ストーリーまとめ~

(1)幼少~中学生時代。空虚な性格とアトピーとの関係
(2)大学生時代。はじめての『癒し』体験。
(3)卒業~就職。感情のコントロールがきかなくなる。
(4)キネスティックセラピーとの出会いと、価値感のブレ
(5)地獄のような日々。そして居眠り運転からの生還。
(6)変化への第一歩。わたしが大切にしたかった想いに気づく。
(7)自己紹介さいごに

【幼いころ。ステロイドのリバウンドによる「薬」への不信。「死」を意識しはじめる。】

 nemuime kodomo

私は、徳島県の石井町という、徳島のベッドルームタウンにある小さなお寺の末娘として生まれました。 Continue reading

 

森かすがプロフィール

こんにちは!【やどり木】ブログへ来てくださりありがとうございます!代表の森かすがです。

 

ここでは、私の持つカラダ知識やココロの知識を発信し、少しでもたくさんの人の人生がラクになるようなお手伝いができたらな、と思っています。

 

先だって、私自身のプロフィールを紹介していきたいと思います。 Continue reading