sizen

ウチに猫が住み着いてまして。2匹。

里親募集中なんですけど、

見つかるまではということで庭に放しつつ面倒見てます。

幸いうちは近所がないんで、

庭から出ずによそに迷惑かけるとこもないようで。

今のところは平和に放し飼いしてます。

ネコって、すごいんですよ。

ちょうちょやらカマキリを捕食するんですよ。すごい勢いで。

今朝も、大物のカマキリをバリバリ噛み砕いてました。

目の前で見せられるパニック映画の縮図に、

「ああ、弱肉強食やなぁ。。。」と思わざるをえないのでした。

■カマキリの一生を妄想してみた

そこで、カマキリの一生を妄想してみたんですね。

この土地で生まれて、

大きくなって、

あのカマキリは今日をどうやって過すつもりだったんだろう。

ここにねこが来たのは最近だから、

タイミングがよければもっと生きれたかもしれないのに。

ん?

でも待てよ、

もっと生きてたらどうだっていうんだろう。

子どもを産んで、

それができたらカマキリの人生は「成功」なのかな?

そういやカマキリって子ども産んだらオスはメスに食べられちゃうんだっけ・・・

まさしく「子孫繁栄」のためだけに生きてるんだなぁ。

人間とは全然ちがうなぁ。

やっぱり人間ってどこか特殊だよな。

まぁいいや。

こんなに晴れた穏やかな日なのに、

カマキリにとっては阿鼻叫喚のホラー映画も真っ青な日になったわけだ。

私にも、私のの大事な人にも、死は訪れるもんなぁ。

こんな風に突然、なんの前触れもなく訪れることだってあるだろうあなぁ。

それでも地球はまわるんだよな。

うん。

…みたいな。

 

■地球少女アルジュナ

そういう「虫の一生」に思いをはせることはよくやるんですよ、私。

皆さんもやりませんか?

蜘蛛の巣を取り払うときとか。

「ああ、これが人間だったら大地震レベルの大事だろうな。ごめんよ・・・」

とか考えるの。

私も昔は「野菜も動物も人間も虫も、みんな平等な一つの命」だっていう考えだったんですけどね。

それで、こんなアニメがアタマをよぎりました。

2001年の「地球少女アルジュナ」っていうアニメです。

これは、「時代を先取りしすぎたアニメ」と揶揄されてるアニメで、

地球の環境問題とか、原子力とか、肥料とか農薬とかの問題にフォーカスした「説教アニメ」です(笑)

私がこれを見てたのは小5くらいですね。

皆さんがこれを見て「素晴らしい」と感じるのか「偏りすぎw」と感じるかはわかりませんが、

どうでしょう?

私も昔は

「自力でこういう考えになるように悟らないとダメ。そう思えないのはまだまだ修行が足りん証拠」

と思っていたんです。

最近ではそういう強迫観念が一週回って

「やっぱり人間は、ちょっと特殊。その特殊さから目を逸らすのはおかしいんじゃないか?」

と感じているんですが。(そのおかげでクリスチャンにw)

だってこのアルジュナの世界観で行ったら、

弱い私は生きれませんし、

自殺を選んでもかまわないということになってしまうと思うからです。

 

 

■まとめ

とはいえ、私たちは自分の人生を操作することはできないんですよね。

しかも、人間は自分のためにはがんばりきれない生き物です。

心理学者で、アウシュビッツ強制収容の悪夢を体験したヴィクトール・フランクルは

「自分が人生の意味を問うのではない。

人生が自分に対して何を求めているかを問い続けることが大事なんだ」

と言っています。

【参考記事】生きる目的がわからなくなった時に読んでほしい。【ヴィクトール・フランクル】の言葉

結局自分で自分を救うことはできない生き物なんでしょうね、私たちは。

私たちにはそれぞれ人間として与えられた役割があって、

それを全うすることに命を注ぐほか、

私たちが人間として生きるすべはないのではないかと思う朝でした。

。・。*このブログを書いたひと*。・。

kasugazigazousirofuku

【森かすが】1989年、徳島県の小さなお寺の末娘として生まれる。幼いころよりアトピー性皮膚炎に悩んでいたせいか、民間療法や美容情報に目がない健康・美容マニア。

マンガ家を目指し芸術大学に進学するが、在学中に導かれれキリスト教プロテスタントの道に入る。自分がマンガでまで表現したかったモヤモヤが解決され、残りの人生は「人によりそうようにして生きたい」と考え葬儀会社に就職。しかしアトピーの悪化や適応障害を発症、退職。

後にコーチングと出会い、自分の価値観が洗い出されていく衝撃的な感覚を経験。「私みたいに、心も体もボロボロでどうしようもない状態の人はたくさんいる。そういう人を癒して勇気づける仕事がしたい!」という想いから、リラクゼーションとコーチングが受けられるサロン【やどり木】を始動させる。人生の野望は「100人くらいの人から『かすがばーちゃん』と呼ばれて仲良くしてもらう」こと。

もっと詳しく知りたい方はコチラ→森かすが自己紹介ストーリー

■リラクゼーションサロン【やどり木】とは?→HPはこちらから

10年来の腰痛も一回で解消してしまう「背骨の運動」キネスティックセラピー&アラサー喪女からベターハーフに出会えるメンタルコーチングで、あなたのカラダとココロの背骨をメンテナンスいたします。ログハウスの木の香りに包まれながらリラックスしていただける、一日2名限定の完全予約制プライベートサロンです。

【お客さまの声】ボディセラピー コーチング

【住所】徳島県名西郡石井町石井→アクセス
【電話】080-6394-0840
【お問い合わせフォーム】→こちら

石井町のみならず、美馬市藍住町阿南市市内山城町市内川内町東京などにお住まいの方々からご愛顧いただいております。
かならずお返事差し上げます! *感想を伝えたい!質問がある!予約をしたい!という方はコチラから
*どれにも当てはまらないけど面白かった!という方はシェア!!

よろしければご意見・ご感想お寄せください

あなたも、質の高いコミュニケーションを身につけて人生を変えませんか?→【無料】あなたもベター・ハーフと出会える。アラサーから始めるやわらかコミュニケーション講座
気に入った!役に立った!という方はシェアお願いします!!